あジャイの毎日ドラえもん

ドラえもん大好きです。YouTubeもやってます。

宇宙開拓史:ロップル父さんの上目使い

おはこんばんにちは。あジャイです。

仮ブログからかなり月日が経ってしまいすいません😅

 

先日の17日(土)はのび太の宇宙開拓史:同時視聴会でございました。

youtube.com

 

諸事情により1人での配信となりましたが皆さんのコメントのお陰でとても楽しい時間となりました🤞アーカイブも残っておりますので是非皆さんのコメントと一緒に宇宙開拓史を楽しんでください!29:21頃映画スタートです。

 

さて、宇宙開拓史といえば僕らが異常なまでに推しているブブがいますね!

一向に流行らない#ブブスタイルを掲げた動画も出すほどの忖度っぷり↓

youtu.be

 

更に悪役であるギラーミンをこれでもかと語ったギラーミン選手権なる動画も出しました↓

こちらの動画では大山のぶ代さん版に加え、水田わさびさん版、そして原作版と3種類のギラーミンを徹底的に比較する内容となっております。同じギラーミンでも行動やセリフがかなり異なっていますので是非ご覧くださいませ。

youtu.be

 

モブキャラに注目したモブキャラ甲子園の宇宙開拓史編も今年公開しました↓

youtu.b

こちらの動画ではその名の通り「モブキャラ」にスポットを当てて、香ばしいモブキャラをこれでもかと弄り倒す内容となっております笑。そして作品ごとにモブの代表を決めて最終的に大山のぶ代さん映画25作品の代表モブの決勝トーナメントへとなるわけでございます(ついてきて)

 

宇宙開拓史編のモブ紹介は上の動画で既に終わってしまっていたのですが、今回の同時視聴会で「なかなか香ばしいキャラ」が発掘されてしまいました!

 

それがこちら↓

 

 

ロップルの父さん

 

正確には「モブキャラ」では無いと思うのですが、今回はこのロップルの父さんに注目が集まりました。というのも同時視聴が始まる寸前に視聴者の方からこんなコメントを頂きました。

 

 

ロップルのお父さんの写真の写り方が目線が上向いてて好き

 

劇中では既にお亡くなりになっているロップルの父さん。写真のみでの登場だったのでこれまで彼に注目する事は無かったのですが、このコメントを頂いてからはもう彼が気になって仕方がありませんでした💦

 

改めてロップルの父さんの写真をご覧下さいませ。

 

上目使い

 

仰る通りちょっと上向いてますね笑。

このロップルの父さんの上目使いが上映時間を重ねる毎にジワジワと効いてくるのです笑。まるでボディブローのように…

 

この写真は誰が撮ったんだろう?もっとマシな写真は無かったのか?父さんはこれでOKしたの?

 

様々な要らん憶測が飛び交いもう映画どころではありません。

 

ロップルくんが真面目に語っているシーン。画面奥には上目の父が…

 

個人的に好きなのがここから少し画面がズームインする所笑

 

真面目なシーンなのにもう話が入ってこんのよw

 

 

 

ガルタイト鉱業の仕業で火山が活発に活動!

その影響でロップルの家も大きな揺れを観測します!

 

ここも一つも笑えるシーンでは無いのですが奥の写真が傾いてしまってもう…ジワジワ来ますw

 

 

ここまで来るとアップで映らなくても想像で笑えてしまいます↓

これまたロップルが真面目に写真に語りかけているのですが、もうあの上目使いが頭を過ってしまって…ごめんよロップル。

 

そんなこんなで令和の時代にまたまた大発見をしてしまいました!

教えてくれた視聴者の方には感謝しかございません笑。

こんな発見が出来るのも同時視聴会の魅力ですね!

毎月行ってきた同時視聴会ですが、大山のぶ代さんの映画は残す所あと3作品!

 

次回は3月16日(土)

のび太の宇宙小戦争を同時視聴します!

19時30分配信開始!20時ごろ映画スタート予定です!

 

宇宙小戦争の動画も色々出しているので3月までにおさらいして下さいませ♪

そしてまた新たな発見があったら良いですな🤞

youtu.be

それではまた来週!サヨナラ!

創世日記のチュン子って何者なん?

おはこんばんにちは。あジャイです。

「チュン子の唄」が遂に完成、そして公開されました↓沢山の方に聴いて頂けて嬉しいです🪲

北斗雷門さんのお力でとても素敵なアレンジの楽曲になっていますので是非何度も聴いてくださいませ🎵

youtu.be

 

この「チュン子の唄」を聴いて「また創世日記が観たくなった」と言ってもらえるのがとても嬉しいです☺️そして自分自身の中でも創世日記がプチブームです。改めて感じる作品の奥深さ。前も書きましたがあと1時間追加した長尺版の創世日記を観てみたかった!

 

そんなこんなで本日はチュン子について考えていこうと思います。

単刀直入に言うと「何者なん?」でございます笑

 

創世日記の終盤でビタノくん達虫人間はホモ・ハチビリスだと言う説明がされます。

このホモ・ハチビリス「最も知能の発達したのが我々…」と劇中でも言われている通り、地底世界の虫の中でトップに君臨している事が伺えます。

 

そうなってくると「チュン子もこのホモ・ハチビリスなのか?」という疑問が出てきますね!

結論から言うと「チュン子はホモ・ハチビリスでは無い」っぽいです。

 

ビタノと一緒にいたカマキリっぽい虫人間は映画ドラえもん超全集に「ホモ・ハチビリスとは別種」とハッキリ記載されておりました。



どうやら地底世界にはホモ・ハチビリス以外にも色々な種族の虫たちがいる様です。

確かに劇中でも多種多様な虫たちが生活している描写がありました↓

 

ここでチュン子が住んでいた地底の家、通称「チュン子のお宿」のシーンを振り返ってみましょう!見た目からもわかる通りかなり豪勢な建物↓ひょっとしてチュン子は良い所の子?はたまた王族?

 

野比チュン子を助けたお礼に盛大におもてなしを受けるこちらのシーン↓

チュン子野比にお酌をする印象的なシーンですが、野比奈の左隣(画面右側)に何やらお姫様っぽい人が写っていますね!劇中セリフも無いのであまり印象に残りませんでした😅

野比奈をお宿まで運んでくれた(チュン子の唄を歌った)あの男女はチュン子の右隣にいますね。

野比奈を助けた男性が「チュン子は私どもが子供の様に可愛がっていた子です」と言うので、てっきりあの男女のペットなのかと思っていました。しかし、先ほども書いた通りお姫様っぽい人が野比奈の隣にいるので「もしかしてお姫様のペット?」と言う仮説も生まれてきます。

 

いやそもそも

 

虫が虫をペットにする事なんてあるん?

 

単純にそんな疑問が湧いてきました😅

だがしかし!先ほどの画像を思い出して下さい↓虫が虫をペットにしている描写がきちんありましたw

 

さらに原作を確認してみたらハッキリと「ペット」と言うワードが記載されていました!もうこれが答えよ。

映画では野比奈を助けてお宿まで連れてきた男女お姫様っぽいキャラは別のキャラクターでしたが、原作では同じキャラが全て演じておりました。

 

つまり纏めると「チュン子は王族のペット」と言うのが正解になりそうです。

劇中でも原作でも「子供のようにかわいがって」と記されている通り、お姫様、王様にかなり大事にされていた事が伺えますね🎶

 

一つ疑問としては「なんでチュン子のお宿なん?」と言うことw

チュン子がお姫様だったら「チュン子のお宿」も納得なのですが、いくらなんでもペットの名前を宿名にします?😅

 

この「チュン子のお宿」問題。

 

僕なりに妄想を広げてみたのですが、もうこれ全部チュン子の為だけの宿で王族のメインの家は別にあるじゃね?

お金持ちの家のペットって家も大きいじゃ無いですか?

王族のお気に入りペットともなるとこれくらいのお宿が贈呈されるんじゃなかろうか?

そうなってくるとあの男女もチュン子のお宿の管理を任された役職の方なのかも!色々と妄想が膨らみますね笑

 

何はともあれ、チュン子は王族のペットだと言うことが判明しましたね!

そう思って改めて創世日記の終盤を見てみるとのび秀大統領が対談するシーンに

チュン子の末裔っぽい虫人間がいますね!

野比の子孫であるのび秀チュン子の子孫かも知れないキャラと一瞬とは言え同じ画角に収まるのは、藤子先生の何かしらの意図を感じますね!

 

かつて仲が良かった2つの種族ですが立場が変わってしまうと全く正反対の構図に。

戦争に対する何かしらのメタファーなのかも知れません。

 

原作でもしっかりとこの構図があるので色々考えちゃいますね。

 

そんなこんなでチュン子のシーンから色々妄想が膨らみ、創世日記の面白さを改めて実感する事が出来ました。ちょっと話は逸れてしまいましたが結論:チュン子は王族のペットでございました。

 

Wikipedia様情報になりますが創世日記について藤子先生は

「じっくり書き込めば書いても書き切れないビッグテーマ」「190ページ足らずのコミックス、100分のアニメに盛り込むにはかなり無理がありました」

 

と話していたそうです。野比チュン子の子孫が後世で再び手を取り合うエピソードももしかしたら先生の頭の中にあったのかも知れませんね☺️

 

 

リンゴの皮をむくように 過ぎゆく時は渦巻くかたち

 

 

 

それではまた来週。サヨナラ!

 

『チュン子の唄』が完成しました!

こんばんは。あジャイです。

北斗雷門さんと久しぶりにコラボした『チュン子の唄』レコーディング動画が公開中です↓

youtu.be

こちらの動画ではタイトル通り『チュン子の唄』のレコーディング風景を公開しております。楽曲をアレンジして下さった北斗雷門さんの凄さがひしひしと伝わる内容になっておりますので是非ご覧下さい。

 

レコーディングにて収録した声を雷門さんがいろいろ編集して下さり、この度『チュン子の唄』が無事に完成しました🤞

 

今すぐにでも公開して皆さんに聴いて頂きたいのですが、YouTubeですので何かしら視覚的にも味を出したい所。

 

MVを撮影して公開する手もあるのですがかなりの時間を有してしまう…💦なので今回は『リリックビデオ』という形で公開しようかなと考えました。

 

『チュン子の唄』に合わせて歌詞のテロップを表示しながら挿絵を数枚流す感じを想定しております!

 

普段のYouTube本編の挿絵は下書き(えんぴつ)→ペン入れ→色塗り、と手間が掛かってしまいます。ですが、今回はえんぴつ段階のまま挿絵に採用する作戦で行きます🤞

f:id:ajaidesu:20240203173938j:image

えんぴつ絵だとそこまで時間が掛からずに描けるので時間短縮になるし、ちょっとエモい感じも出て『チュン子の唄』との相性は抜群!

 

ラフに描いても味になるのがえんぴつの良さ♪そこも良き。

f:id:ajaidesu:20240203174213j:image

 

というわけでこの形で『チュン子の唄』を公開してみようと思います!ちょっと仕事の都合でドタバタしているのですが、早ければ2月7日(水)に公開出来ると思います🪲

 

楽曲を流した後に感想トークとかを入れる構想もあったのですが、曲だけに注目して頂きたいので今回は無しにしました!

 

『リリックビデオ』として『チュン子の唄』だけの動画となりますのでお楽しみに♪北斗雷門さんとは他にも動画を撮影しましたので『チュン子の唄』公開後はそちらも編集していきます♪

f:id:ajaidesu:20240203174900j:image

あっという間に2月、寒い日が続きますが風邪など引かない様にお大事にして下さい!

 

それではまた来週!さよなら👋

 

 

 

久しぶりに北斗雷門さんと撮影しました!

こんばんは。あジャイです。

モブキャラ甲子園:宇宙開拓史編が公開中でございます。

youtu.be

 

大魔境編もなるべく早めに撮影できるように頑張ります!

さて、昨日は久しぶりに北斗雷門さんと撮影をしてきました🤞

 

北斗雷門さんと初めてご一緒したのが2022年の春頃という事でもうすぐ2年も経ってしまうことに驚きを隠せません😅

雲の王国の主題歌「雲がゆくのは」を一緒に歌わせて頂いた動画や↓

youtu.be

 

海底鬼岩城を語る動画などなど↓是非過去の動画も観て頂けたら嬉しいです🤞

youtu.be

 

北斗雷門さんのチャンネルにも僕らが出ていますので要チェックやで↓

youtu.be

 

そんなこんなで約2年ぶりに動画撮影したわけですが、先日もお伝えした通り遂に「チュン子の唄」のレコーディングを遂行する事が出来ました🤞

思えば「チュン子の唄」のフルバージョンを作りたいとブログに綴ったのはこれまたかなり前の事。こちらも2022年でございました。

ajaidesu.hatenablog.com

 

時間はかかってしまいましたが「自分のやりたい事」が少しづつ形になっていくのはこの上ない幸せです。それもこれも北斗雷門さんやびーぞーのお力あっての事でございます♪昨日のレコーディングでは北斗雷門さんとパート分けをして収録しました。びーぞーさんはたまたま喉の調子が良く無かったみたいなので今回は残念ながら不参加です…

時にハモって頂いたりと本当に完成が楽しみな収録になりました。

 

こちらの動画↓で披露している北斗さんのアレンジしてくれた曲が今回さらにパワーアップしておりますのでその辺りもお楽しみに♪

youtu.be

今回はレコーディングの様子もメイキング動画として公開予定でございます!僕自身も初めての経験だったのですが良い感じに仕上がっているのではなかろうか。何度も言いますがこれを機に他の楽曲も作って行きたい…

 

北斗雷門さんとは他にも動画を収録しました。

ぼくらのチャンネルでは「北斗雷門さんの好きな映画主題歌」というテーマでトップ3曲を語って頂きました♪

総選挙はもう終わってしまいましたが「映画ドラえもんの主題歌」はやっぱり誰でも参加できるキャッチーなトークテーマ♪今回はミュージシャンである雷門さんならではの視点で語って頂きました。とても面白いお話が聞けましたのでこちらの動画も楽しみにしていて下さい♪

 

雷門さんのチャンネル用にも3人でトークをしましたのでそちらもいつか公開されると思います🤞

 

ただ、時間の都合で「ホットミルク」の収録は出来ませんでした😅

時間があれば3人で「ホットミルク」を歌う動画を撮りたかったのですが…楽しみにして下さった方(いるのか?)申し訳ございません…また次の機会に収録したいと思います♪

 

 

そんなこんなで北斗雷門さんとの久々のコラボ動画!そして「チュン子の唄」の完成をお楽しみに🪲

 

それではまた来週!サヨナラ!

 

サベール隊長とコス博士の殉職【のび太の大魔境】

こんばんは。あジャイです。

モブキャラ甲子園:宇宙開拓史編が公開中です↓こちらは映画ドラえもんのモブキャラの頂点を決める大会となっております🤞次の大魔境編はこれから撮影しますのでお楽しみに!

youtu.be

 

さて、そんなのび太の大魔境:同時視聴会が先日行われました↓

www.youtube.com

アーカイブも残っておりますのでタイミングを合わせて是非一緒に映画を楽しんで頂けたら嬉しいです♪

 

のび太の大魔境は映画ドラえもん第3弾ということで割と初期の作品でございます。映画ドラえもんの監督というと芝山努さんの印象があるのですが初期3作品は別の方が監督をされておりました。

 

聞いた話で確かなソースが無いのですが、原作者である藤子・F・不二雄先生が初期3作品(大魔境だけかも?)に思うところがあったらしく、翌年の海底鬼岩城からは毎年芝山さんが監督という流れになったそうです。

 

個人的に映画版大魔境は結構好きな作品ではあるのですが、藤子先生的にはどこか納得のいかない場面があったのかも知れませんね。視聴者である僕はあくまで想像する事しか出来ないのですが「もしかしたら?」と思う部分があったのでここに綴っていこうと思います。

 

【サベール隊長・コス博士の殉職】

個人的に一番引っかかったのはやはりここですね。

敵であるダブランダー側に仕えるサベール隊長とコス博士は本作で「死んでしまった?」と思える描写があるのです。

 

作中、ペコと剣の勝負をしていたダブランダーですが

 

巨神像が動き出した際の大きな揺れの影響で、巨神像内の奥底へ落下してしまうのです。

この後、サベール隊長が出てくることは無く明確な生死の判断はわからないのですがこの高さからの落下はかなり絶望的な気もします。

 

 

そしてコス博士は…

動き出した巨神像との対戦の末、兵器ごと放り投げられて大爆発

この感じだと恐らくコス博士も…

 

 

と言った感じで敵キャラ2名の「死んでしまった?」な描写がある本作。

他にも割と直接的に人(犬)を殺めている描写があったりと、時代のせいかハードな印象も受けますね。

 

ところで原作ではこの場面はどのように描かれているのでしょうか?

まず、サベール隊長と戦うのはペコではなくてのび太でございます。この辺りの違いも作者である藤子先生的には引っかかる部分があったのかな?

 

最終的にのび太がサベール隊長を倒すのですが「階段を転がり落ちる」というマイルドな描写になっております。

 

コス博士も兵器ごと巨神像に倒される流れは同じなのですが

 

空飛ぶ船から落下したけど死んではいなそうです↓

 

 

こうして比べて観てみると映画版の戦闘描写がちょっとハード目だった事がわかりますね。

ドラえもんは子供がメインで楽しむ作品(僕みたいな大きいお友達もいるよ)なので、こうしたード描写に藤子先生は何かしら思うことがあったのかな?と1ファンとして妄想してしまいました。

 

今の時代よりもハード目な演出が多かった昔の作品ならではですね。

あくまで僕の妄想なので真実は分かりませんが、もしかしたら?ですね。

信じるか信じないかはあなた次第

 

 

それではまた明日!サヨナラ!

 

オレンジが来た「藤子・F・不二雄SF短編コンプリート・ワークスUltimate Edition」8巻」

こんばんは。あジャイです。

明日、1月14日(土)19時に新しい動画をプレミア公開します🤞

モブキャラ甲子園「宇宙開拓史編」でございます。

youtu.be

 

映画ドラえもんモブキャラの中からナンバーワンを決めようと言う趣旨のもと開催された本大会。記念すべき第一回「恐竜編」を公開したのは去年の2月…だいぶ間が空いてしまいましたがここからペースを上げて行きたいと思っております。12分くらいの動画でございます。

 

第一回も是非ご覧下さい↓

youtu.be

 

さて、早くも1月中旬ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

「ぼく四」的には来週1月20日(土)19時30分からのび太の大魔境:同時視聴会がございます🤞今年最初の同時視聴会、是非一緒に楽しみましょう。

 

さて、忘れた頃にやってくるアレが届きました↓

豪華愛蔵版「藤子・F・不二雄SF短編コンプリート・ワークスUltimate Edition」8巻」

全10巻を予定しているこのシリーズも遂に8冊目まで来ましたね。

そして見て下さい!これはオレンジ色!?

 

これまでこのシリーズでは色んな色の表紙が登場して来ましたが僕はずっと「オレンジ色」を待っていたのです。

ajaidesu.hatenablog.com

 

そして遂にオレンジ色?の表紙が我が家に届きました!若干薄くて山吹色?とも言えそうな配色ですがもうオレンジで良いでしょう。

裏面はこんな感じ

収録内容はこんな感じ

中身はこちら。個人的にオレンジ、黄色系の色は好きなのでこの表紙もグーですね。

 

と言うわけでこちらが1巻〜8巻までの表紙!やっぱり色にかなり偏りがある感じがしますね😅こうなってくると次はとかピンクになる?思い切ってが来たりもありそう。

そんなわけで残り2冊も楽しみにしたいと思います。何度も言いますが買って満足選手権やらせて頂いております。5巻くらいからあまり中身を覗いていないと言う現実💦今年こそはちゃんと読むぞ!

 

あ、あとこちらも発売になりましたね↓

ジャングル黒べえウメ星デンカのDVDBOX

 

DVDBOX収集家としてはこちらも買う予定なのですが、まだ観ていない作品が我が家に沢山あるのでとりあえず購入を控えております。いつか必ず買うぞ。

 

そんなこんなで今年も相変わらずのペースでやって行きます。

次の動画は何にするかまだ決まっていないのですが1月中にチュン子のレコーディングがあるので個人的にはその撮影はかなり楽しみにしております♪3月には地球交響楽も公開されますし、それに合わせて色々動いて行きたいな。

 

引き続き頑張ります。

 

 

それではまた明日!サヨナラ!